ソーシャルマネジメントカレッジ | 参加者からの声ー夏期集中講座ー
ロマンとソロバンを両立する社会起業家、地域起業家の育成を目指すソーシャルマネジメントカレッジの紹介です
地域おこし,地域おこし協力隊,ソーシャルビジネス,社会起業家,アントレプレナー,夢,夢手帳
1898
post-template-default,single,single-post,postid-1898,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

参加者からの声ー夏期集中講座ー

2017年度夏期集中講座をご受講くださった皆様から、嬉しいお声をいただきました。

「企業を見るときの視点に、社会利益を重視しているかが加わった。問題解決の仕組化を志向するようになった」

「人の夢を聞いて自分の夢を進めるための行動のモチベーションが上がりました」

「起業に対するハードルが下がった。視点が大幅に増えた」

「受講して変化があったのは事実ですが、それが何かはまだいまの段階では落とし込めていません。…が、奮い立つヤル気はますます増しました」

「自分がやりたいことは、人のキャリア支援なのだなと再確認しました。また、まずは周りの悩みを解決するためになんでもいいからビジネスしてみようと思えたことが収穫でした。島に戻ったら、実行に向けて知人に相談しようと思います」

「地方の課題やニーズが参加者との意見交換などを通して理解が深まり、講師の先生より課題解決方法をご指導いただき、そして栄養はまだまだ新規参入であり、「穴」だらけであること、可能性を感じました」

「様々な変化がありましたが、起業家、投資家の生身の姿を知ることができました。彼らの夢や考え方、実例、手法を学べたのは大きかったです。起業だけでなくチームワーク、仕事の進め方にも大いに参考になりました。受講者講師とも熱い人が集まっており、人脈の上でも得難い機会をいただけたと思います」

「改めてマインドや理念の重要性について、考えさせられました。どのような生き方をするにしろ、自身のマインドを見つめ直し、生き方に反映させていきたいと思うようになりました」

「自分が行う事業が実現可能か、目的を達成するか、検証していない視点があった。私の日本経済への認識が1点間違っていたことに気付き、納得できた。自分のビジネスの根幹部分を見つめ直す良い機会になりました」

ソーシャルマネジメントカレッジ、冬期集中講座も開講予定です。