ソーシャルマネジメントカレッジ | 地域おこし協力隊向けセミナー:2月27日(火)開講
ロマンとソロバンを両立する社会起業家、地域起業家の育成を目指すソーシャルマネジメントカレッジの紹介です
地域おこし,地域おこし協力隊,ソーシャルビジネス,社会起業家,アントレプレナー,夢,夢手帳
2141
post-template-default,single,single-post,postid-2141,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

地域おこし協力隊向けセミナー:2月27日(火)開講

国内最大のソーシャルイベント「みんなの夢AWARD8」が開催され、今回も地方創生の夢が多数語られました。
そしてゲストに、夢をかなえたファイナリストとして元石川県輪島市の地域おこし協力隊山本亮氏を迎え、山本氏より、この4月にも古民家レストラン「茅葺庵」を開業することが発表されました。その山本氏がみんなの夢AWARD8開催特別企画として地域おこし協力隊向け講座を開講しました。

日時:2月27日(火)9時00分~12時30分
会場:株式会社クリックネットセミナールーム(東京都中央区銀座3-11-18 真帆ビル3F)
プログラム:
09:30~11:00「地方創生をマーケティング」
(講師:中川直洋 ソーシャルマネジメントカレッジ主任講師)

11:00~12:30「古民家レストラン・茅葺庵開業」
(講師:山本 亮 株式会社百笑の暮らし 代表取締役)

公益財団法人みんなの夢をかなえる会が主催する、国内最大のソーシャルイベント「みんなの夢AWARD」では、これまで多くの地方創生にかかわる地域企業家を輩出してきました。
このイベントの総合プロデュサーが、ソーシャルマネジメントカレッジ主任講師の中川直洋です。
中川氏は、全国各地の地方創生の夢を発掘するため、年間50か所以上の地方視察をし、6次産業地産地消、地産地商、地産地承と3つの「ショウ」こそ地方創生の鍵だと唱えています。 そして何より、地方のポテンシャルが商売やビジネスに大きな可能性を与えると熱く講義されました。

みんなの夢AWARDの地方創生の夢を語ったのが山本亮氏です。山本氏は、石川県輪島で地域おこし協力隊を務め、輪島の里山の魅力を2017年2月に開催しましたみんなの夢AWARD7のファイナリストとして発表し、各協賛企業等の応援をいただきました。2018年4月にいよいよ石川県輪島で古民家レスラン「茅葺庵」をオープンします。みんなの夢AWARDの発表から1年。山本氏の開業までの準備、そしてどのような事業を行うのかなどについて熱く講義をいただきました。

当日は、限定15名で行われ、地域おこし協力隊や地方コーディネーターなどが受講され、カフェなど地方で商売を考えている方など多くの学びを得られたのではないでしょうか?

ソーシャルマネジメントカレッジでは、今後も地方創生セミナーの準備を行っていきます。