ソーシャルマネジメントカレッジ | みんなの夢AWARDin大江電機:5月19日(土)開催
ロマンとソロバンを両立する社会起業家、地域起業家の育成を目指すソーシャルマネジメントカレッジの紹介です
地域おこし,地域おこし協力隊,ソーシャルビジネス,社会起業家,アントレプレナー,夢,夢手帳
2202
post-template-default,single,single-post,postid-2202,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

みんなの夢AWARDin大江電機:5月19日(土)開催

ソーシャルマネジメントカレッジでは、今期より、みんなの夢AWARD企業版のプログラムを開発しました。
その第一弾として、横浜市に本社のある中堅企業の大江電機株式会社主催による、年次総会の企画の一つとして「みんなの夢AWARDin大江電機」が開催されました。

4月に大江電機株式会社の将来を担う方々むけのセミナーを実施し、その中から今回1名の女性社員が発表しました。今回のプログラムは、“夢を仕事にする” という新規事業提案を、みんなの夢AWARDと同様に、7分間のプレゼンテーションを行っていただきました。

また、これもみんなの夢AWARDのプログラムにある“いいね!”を80%以上もらえたら『経営層への出資交渉権獲得!』となります。その結果は第二部:懇親会で発表されるという仕組みです。

さて、その社員の夢は、「大江電機の認知度を上げ、ビジネス機会を広げ、将来のファン作りのため、企業内NPOを立ち上げる」というプレゼンでした。そして、その強いメッセージは、「会社」から「社会」に目をむけるべき。その結果が自社ブランドへとつながる。そしてブランドは、商品ではなく、「人」であるとも。「人」こそが最大の同社の強みであると訴えていました。

現状は企業秘密だと思いますので詳しくはお伝えできませんが、とてもワクワクする、そして若手社員から全社員の前で経営層に提案できるというまさに夢のようなプレゼンの場でした。

結果は、80%以上のいいねを獲得したことで、経営層への出資交渉権を獲得いたしました。

あくまでも交渉権ですので、どのように具現化するのはこれからですが、夢の一歩を大きく踏み出す事ができました。

ソーシャルマネジメントカレッジでは、みんなの夢AWARD企業版も今後実施していきます。
ご関心のある方や企業さま、ぜひお問い合わせください。