ソーシャルマネジメントカレッジ | 「ソーシャルマネジメントカレッジ 2018年夏季セミナー」:8月25日(土)開催
ロマンとソロバンを両立する社会起業家、地域起業家の育成を目指すソーシャルマネジメントカレッジの紹介です
地域おこし,地域おこし協力隊,ソーシャルビジネス,社会起業家,アントレプレナー,夢,夢手帳
2366
post-template-default,single,single-post,postid-2366,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

「ソーシャルマネジメントカレッジ 2018年夏季セミナー」:8月25日(土)開催

みんなの夢プロジェクトスタッフの山口です。
程よい緊張感がある中、ソーシャルマネジメント夏期集中講座が8月25日、東京の銀座で行われました。
本日の講師であるみんなの夢をかなえる業務執行理事の中川の自己紹介から会がスタートしました。

午前中の講義は大きく分けて2つ。
1つ目は、自身が「なぜ働くのか?」「なんのために働くのか?」という部分を、講師の過去のエピソードを交えながらの話。
2つ目は、「事業」について。話の大部分を占めたのは、これからのビジネスのキーワードを理解しようという話。
個人的に、大きく印象に残っているのは、目指す世界と現実の世界を埋めるプロセスに事業・仕事(ビジネスチャンス)がある。という言葉です。ビジネスチャンスを見つけるためにも、自身の「目指す世界」を明確に語れることは大切だと改めて感じました。

午後からは、夢アワード5のファイナリスト藤岡慎二さんの講義です。
自分自身の「価値観」を理解する講義でした。事業をするうえで、自分を語れることの大切さを藤岡さんの講義では学びました。
印象に残ったことは、とにかく藤岡さんがポジティブだったこと。
藤岡さんがお話することによって、どんなことも可能性があることのように聞こえてきます!ビジネスチャンスはどこに眠っているかわからない!ということですね。

最後は、講師を中川に交代し、夢に日付けを入れる大切さ、そのために必要なことを一緒に考えていく時間となりました。
中川から個別で事業計画について指導があり、受講者のみなさんにとって貴重な時間となりました。

その後全員の前で事業計画を発表し、意見を交換する熱い時間に!
スタート時は緊張感がありましたが、終了後は発表した事業に関しての引き続きの意見交換や、名刺交換・連絡先の交換など。
お互いの事業を交えて、新しい事業を創造したりと、みなさんのワクワク感が伝わってきました。
ここから夢アワードのファイナリストがでるかもしれないと思うと、私もワクワクがとまりませんでした!