ソーシャルマネジメントカレッジ | 「渡邉美樹実践経営塾ルポ」:9月4日(火)開催
ロマンとソロバンを両立する社会起業家、地域起業家の育成を目指すソーシャルマネジメントカレッジの紹介です
地域おこし,地域おこし協力隊,ソーシャルビジネス,社会起業家,アントレプレナー,夢,夢手帳
2379
post-template-default,single,single-post,postid-2379,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

「渡邉美樹実践経営塾ルポ」:9月4日(火)開催

台風が近づき、天候の悪い中ではありましたが、無事に経営塾二回目が開講しました。
今回の講義の内容は「起業するにあたって重要なこと」と「キャッシュフロー計算」について。
起業するにあたって大切なことは3つ。
“ビジネスモデル” 企業独自のビジネスモデルが明確なこと。
“理念”   何のために起業したのか、会社を通して何をしたいのか。
“リーダー” 自分の企業を変化し続けられる人。
「中でも、会社で最も重要なものは“理念”。理念があるからこそ、同じ思いの仲間が集まり、自分たちの会社の運営方針を共有できる」と、塾長の熱弁。

キャッシュフロー計算書については、
自分の手元にお金がないと、お店を経営してはいけない、キャッシュフローは必ず黒字にするべきだ。社員とその家族の暮らしを守るために、考えられるすべての手を尽くす。と、経営の落とし穴についても丁寧に話がありました。
生徒の皆様も、真剣なまなざしで深くうなずいている光景を見て、「経営者」という方々は、お金のことだけを考え判断しているわけではなく、本当にさまざまな「幸せ」を考える事が出来る方たちである事を感じ、とても心が温かくなりました。
自分の幸せを考えてくれるこのような経営者の皆様の会社にいらっしゃる社員さんたちは、きっと会社も仕事も社長も大好きなんだろうな・・・と思うと、とてもうらやましいですね。
懇親会では、国内黒字企業の割合3割強程しかないことや、経済低迷の面から、「経営の成功者をもっと日本に増やしていくことによって、日本をより豊かにしていきたい。」と、生徒たちへ期待の激励をする塾長。

次回も塾長のteaching熱が炸裂することは間違いないですね。
気になる内容としては、和民が本格始動した後のお話。
どのようにして売り上げを伸ばし、様々な店舗展開や事業活動を可能にしていったのか。
来月も目が離せません!

 

2期はすでに始まっておりますが、3期も現在募集中です。
お早目にお申込みください。(詳細はコチラをクリック)