ソーシャルマネジメントカレッジ | ロマンとソロバンを両立する社会起業家、地域起業家の育成を目指す
ロマンとソロバンを両立する社会起業家、地域起業家の育成を目指すソーシャルマネジメントカレッジの紹介です
地域おこし,地域おこし協力隊,ソーシャルビジネス,社会起業家,アントレプレナー,夢,夢手帳
785
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-785,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

プログラム

Social Management College

2018夏季セミナー

日 時

2018年8月25日(土)10時~18時(休憩12時~13時)

会 場

株式会社クリックネット セミナールーム
( 東京都中央区銀座3-11-18 真帆ビル3F)

参 加 費

10,000円 (税込) 夢手帳付

定員

20名

詳細

詳細はコチラから→(クリックをお願いいたします

お問合せ

ソーシャルマネジメントカレッジ事務局
(公益財団法人みんなの夢をかなえる会内)
TEL:03-5737-2727

概 要

◆講師

藤岡 慎二
中川 直洋

◆学習内容

1日集中セミナー、ソーシャルマネジメントカレッジ学長であり、みんなの夢AWARD5ファイナリストの藤岡慎二が、みんなの夢となる社会の夢を仕事にという考えのもと、起業を志す方々に、社会課題を解決する在り方や方法について伝授致します。

◆効果

◎みんなの夢AWARDプレゼンテーターは自分の夢を仕事に「ソーシャルドリーマー」となり「社会性」「共感性」「具体性・計画性」の要素を習得できる。

◎これからの仕事や起業の在り方、人としての在り方を身に付け、自己成長に役立つ。

◎通常のビジネスモデルはもちろん、ソーシャルビジネスモデルも理解し実践できる。

特 典

参加者は「みんなの夢AWARD9」の1次選考を免除いたします。

Social Management College

ステップ講座

~夢手帳を使い、「夢に日付を」入れ、夢中になる2018年を送ろう!~

日 時

5月8日(火)15時00分~18時00分

会 場

株式会社クリックネット内
(東京都中央区銀座3-11-18 眞帆ビル3F)

参 加 費

参加費:5000円(税込)
(限定15名)

概 要

◆講師

中川 直洋

◆学習内容

自分の夢は何か。自分はなぜ働くのかを考える為の授業を行います。
自分の夢を明確にし、一貫したストーリーで、相手の共感を得るワークショップを行います。

◆効果

夢を仕事にするはじめの一歩を踏み出せることができる。
自分の夢に到達するまでに、必要な行動が明確化する。

◆お問合せ

ソーシャルマネジメントカレッジ事務局
(公益財団法人みんなの夢をかなえる会内)
TEL:03-5737-2727

プログラム

経営の原理原則である事業の「ミッション」「ビジョン」「戦略」をアレンジし、ご自身の『ミッション(君はなぜ働くのか)』『ビジョン(夢に日付を!)』『志事』学ぶことができます。

1.『ミッション(君はなぜ働くのか)』の見つけ方
なぜ、現在の会社で仕事をしたいと思ったのか、自分はなぜ働くのかなど、自身の夢や過去、将来と向き合い、ミッションを再発見していただきます。

2.『ビジョン(夢に日付を)』の見つけ方
夢が仕事になる姿を明確なビジョンとして描いていただきます。
夢手帳を使い、夢に日付を入れて、仕事だけでなく、ライフワーク(家庭、趣味、健康、財産、教養)も具現化、計画化していきます。

3.『志事(人生夢中)』の見つけ方
ミッション、ビジョンが明確になったら、『志事』を学びます。
あなた自身が人生夢中になる為『志事』が見えてきます。人はやりたいことが見つかれば自然と仕事に力が入ります。『志事』について先に学ぶのではなく、自身のミッションやビジョンを明確にした後に学ぶことで、より大きな効果を得ることができます。

特 典

夢手帳付
(Date your dream.手帳簡易版)

Social Management College

地域おこし協力隊向け講座
みんなの夢AWARD8開催特別企画

日 時

2月27日(火)9時00分~12時30分

会 場

株式会社クリックネット内
(東京都中央区銀座3-11-18 真帆ビル3F)

参 加 費

参加費:5000円(税込)
(限定15名)

概 要

◆プログラム

09:30~11:00「高校魅力化プロジェクト プロデューサー」
(講師:藤岡慎二)

11:00~12:00「古民家レストラン・茅葺庵開業」
(講師:山本亮)

12:00~12:30「地方創生をマーケティング」
(講師:中川直洋)

◆お問合せ

ソーシャルマネジメントカレッジ事務局
(公益財団法人みんなの夢をかなえる会内)
TEL:03-5737-2727

講師/ゲストのご案内

講師  藤岡慎二(高校魅力化プロジェクトプロデュサー)
講師  中川直洋(地方創生プロデュサー)
ゲスト 山本亮 (株式会社百笑の暮らし 代表取締役)

公益財団法人みんなの夢をかなえる会が主催する、国内最大のソーシャルイベント「みんなの夢AWARD」では、これまで多くの地方創生にかかわる地域企業家を輩出してきました。その代表格なのが山本亮氏です。山本氏は、石川県輪島で地域おこし協力隊を務め、輪島の里山の魅力を2017年2月に開催しましたみんなの夢AWARD7のファイナリストとして発表し、各協賛企業等の応援いただきました。2018年4月にいよいよ石川県輪島で古民家レスラン「茅葺庵」をオープンします。みんなの夢AWARDの発表から1年。山本氏の開業までの準備、そしてどのような事業を行うのかなど、古民家カフェなど地方で商売を考えている方、ぜひ山本さんの夢を聞いて、自分の事業のヒントにしてみませんか?

 

とくに、地方でお仕事をしたい、商売を夢みる地域おこし協力隊のみなさまのご参加をお待ちしております。

ゲスト講師 山本亮 プロフィール

株式会社百笑の暮らし 代表取締役
みんなの夢AWARD7ファイナリスト
夢:「里山まるごとホテル」で日本初の世界農業遺産に認定された能登の里山の魅力を世界に伝えたい

里山の暮らしをより楽しく。一過性の観光ではなく、訪れた人が能登の里山に暮らしているように過ごせるように、そして訪れた人だけでなく住んでいる人も普段の暮らしがより楽しくなるように。これが山本の唱える「里山まるごとホテル」の目指す姿です。
能登半島にある輪島市三井町の美しさに惚れ、地域おこし協力隊として移住。その美しい里山を、そしてそこで暮らす地域の人の魅力をより多くの人に伝えたいと「里山まるごとホテル」を構想。新しいホテルをつくるのではなく、地域にある資源をホテルに見立て、訪れた人がより三井町を楽しみ、そして地域の人との出会いを楽しめる仕掛けを施します。
みんなの夢AWARD7では、史上最大数の応援企業を獲得。それから約1年がたった2018年2月、株式会社百笑の暮らしを設立。「里山まるごとホテル」の拠点施設として予定した「茅葺庵 三井の里」の指定管理事業者にも認定されました。茅葺庵は「里山まるごとホテル」の「里山レストラン&レセプション」として今年4月1日にリニューアルオープン。
地域おこし協力隊時代に地域住民と立ち上げた「みい里山百笑の会」と共に茅葺庵の開業に向けた準備を進めており、いよいよ本格始動になります。
旬の里山の食材を使った食事の他に、茅葺庵では能登産オイルをつかったリラクゼーションや里山の中を駆け抜けるガイド付きサイクリングツアーを楽しめます。

【経歴】
・東京農業大学地域環境科学部造園科学科出身。在学中のゼミ活動にて『輪島市三井町の農村風景の保全』をテーマに能登を訪れ、景観調査や地域住民とのワークショップを行うようになる。

・三井町の日本昔話に出てくるような里山の風景、その風景の中から生み出される食、地域の方との交流に惚れ、何度も通うようになる。その中で、ある地域の方からの「都会の人はお金がないと何もできない。だけど、俺らは里山があるから食うものには困らない。だから、貧乏だった人に優しくできるんだ」という言葉に、それまで貨幣経済社会にどっぷりつかっていた価値観が転換し、こんな生き方をしたいと思うようになり、三井町への移住を志す。

・大学卒業後は、地域課題の解決策をどのようにしていけばいいのか、実践を通して学ぶため都内の都市計画のコンサルタント(昭和株式会社)に就職。都市再生整備計画の作成、評価、景観のコントロール、エリアマネジメントの推進、地域住民のまちづくり活動の支援を中心に5年間務める。

・輪島市の地域おこし協力隊の募集を聴き、「これまでの経験を活かしてチャレンジしたい!3年やってみて上手くいけば、そのまま定住、ダメでも何がダメだったかをまた考えてやりなおせばいい」と応募。2014年3月に三井の空き家を借りて移住。

・地域おこし協力隊としては、「三井町の活性化」と「輪島のお米のブランド化」を中心に活動をする。

・三井町の活性化では、三井町の地域資源を活用した生業を創ることで、里山に人の手が入り里山環境や風景の保全を図っていくと共に、住民のいきがい・小さな収入源を増やすこと、高齢化の進む三井経済活性化協同組合に変わる地域活動の担い手づくりを目指し、まず月1回の直売市「みい里山の市」。そこに集まってきたメンバーを中心に会を組織していき、活動の幅を直売市だけから、加工品づくりや耕作放棄地を活用した茅の生産、つまものの販路開拓、観光振興に広げていき、2016年4月に住民50名による「みい里山百笑の会」を設立。

・輪島のお米のブランド化では、輪島市内の9軒の農家と連携し、能登輪島米物語協議会を設立。参加農家の「うちらはお米を売りたいわけじゃない、輪島という地域を売りたい」「お米だけじゃなく、観光、お米以外の食、輪島塗と輪島の他の産業とも連携したい」という想いから『おかずと旅する輪島のお米』をコンセプトに、まるで輪島を旅しているように楽しめるお土産用の2合パックを作成。9軒の農家のお米は五つ星のお米マイスターからも推奨される味で、道の駅やお土産屋、宿泊施設、ふるさと納税で人気となっている。また、実際にお米を中心に輪島を旅するツアーの企画や、あえのことの復活などを行っている。こうした活動などが認められ2016年に開催されたごはんフェスLoft渋谷にて「ロフトごはんフェス大賞」を受賞。

・その他、三井町特産のアテ(能登ヒバ)を活かした商品開発として積み木とまな板の企画や、移住者の交流の場づくりとして「のと1年生の会」の立ち上げなどを行う。

・地域おこし協力隊での経験を基に、任期終了後に三井の里山全体を一つのホテルに見立てた「里山まるごとホテル」を立ち上げることを構想。2017年2月に日本一の夢の祭典「みんなの夢アワード7」に全国500名の中からファイナリスト7名に選ばれる。夢の国ディズニーリゾート内の施設にて2千人の前で構想を発表。僅差の2位、過去最高数の15社からの協賛申し入れを受ける。3月に輪島市とみい里山百笑の会とが一緒になって本プロジェクトを進めて行くために「里山まるごとホテル推進協議会」を設立、5月には国の農泊推進事業の採択も受け、2018年4月からの開業に向けて準備を進めており、
2月1日に「株式会社百笑の暮らし」を設立。

Social Management College

企業研修講座

日 時

応相談

会 場

貴所に出張いたします

対 象

ソーシャルマネジメントカレッジ企業研修講座
~若手社員の夢から新規事業提案策定まで~

参 加 費

5万円(税別)+ 交通費
※受講者何名でも同一料金です。
※講義で使用するテキストは1名1,500円(夢手帳付)で別途ご購入いただく必要がございますのでご了承ください。

概 要

出張プログラム

5時間で以下の7項目を効率的、効果的に学習していただきます。

  1. 夢に日付を入れ、自身の夢や目標を明確にする
  2. 自身のしたいことや得意なこと、好きな業務や分野を整理する
  3. 夢に日付を入れる(夢手帳の記入 5か年計画)
  4. 自社の理念および事業領域の確認と整理
  5. マーケットを研究し整理する(ポーター、ドラッカー、コトラー)
  6. 新規事業戦略を受講生で立てる
  7. 新規事業案をまとめる
    ※受講生の新規事業案は、SMC事務局から 改めてレポートとして提出致します。

人はやりたいことが見つかれば自然と学びに力が入ります。商売の戦略について先に学ぶのではなく、自身のミッションやビジョンを明確にした後に学ぶことで、大きな効果を得ることができます。

社員の夢を仕事に 企業研修講座について

 

ソーシャルマネジメントカレッジ(SMC)企業研修講座は、夢ややりたいことが見つからない社員の方にとってはそれを見つけるための時間に、夢ややりたいことがぼんやりとあるけれど事業化できない方にとっては、夢を事業計画に落とし込める時間になるかと思います。社員様がご自身のやりたいことやキャリアビジョンを社内の新規事業として実現できるようになれば、会社が内側からより良き企業に変わっていきます。夢を夢で終わらせず、果敢に挑戦する社員を育てることが、企業の更なる飛躍につながっていくと私たちは考えています。
企業もCSR(企業の社会的責任を通じての活動)からCSV(社会課題を本業で解決する)の時代へ、マーケティングも1.0(製品中心主義)、2.0(消費者志向)、3.0(価値主導)を通じ、現在は4.0(自己実現)へ移行したと言われています。社員がご自身の夢から少しでも社会の夢を意識した時、仕事を通じて自己実現に向けて取り組んで頂けるのではないでしょうか。
「夢を仕事にする」をテーマとしたSMC講義は、新規事業のきっかけや、社員のモチベーションアップのきっかけ作りに過ぎませんが、講義の中で出た社員の皆様からの新規事業案を、社内であらためてブラッシュアップしていただき、一つでも多くの社員の皆様の夢が形になっていくことを願っています。

社員の夢と自社の夢を重ね新規事業を提案

経営者の方とお話している時に、「社員から良い新規事業の提案が上がってこない」「新規事業が始まってもうまくいかない」「優秀な社員でも、他にやりたいことが見つかると退職してしまう」などの悩みを聞くことがありました。私たちは、社内新規事業を成功させるには3つのことが必要だと思っています。
・新規事業が社員の成し遂げたい夢やキャリアビジョンとつながっていること
・会社ではなく「社員が主役」となってワクワク進められる事業であること
・社会課題をビジネスで解決し、社会に貢献する事業であること
ソーシャルマネジメントカレッジ(SMC)の企業研修講座では、社員の皆様のモチベーションを上げ、自らが企画した新規事業をイキイキと実行していける社員になるための講義を貴社に出張して開講致します。

社員が夢を語れる会社に 社内夢AWARDについて

当講座の講師を務める中川直洋は、日本一の夢のスピーチを行う国内最大級のソーシャルイベント「みんなの夢AWARD」の総合プロデューサーでもあります。みんなの夢AWARDのファイナリストを多数社会に送り込んで活躍しております。夢を語る場があることで夢が実現に近づきます。社内で社員の夢を語る社内夢AWARDを開催しませんか? SMCでは、社内夢AWARDのイベントの運営や演出を行っております。社員の夢で自社を活性化させたいとのお考えの方はぜひご検討ください。(料金:100,000円(税別)~)

講師プロフィール

中川直洋(なかがわ・なおひろ)

みんなの夢AWARD総合プロデューサー
ソーシャルマネジメントカレッジ総合プロデューサー
公益財団法人みんなの夢をかなえる会 専務理事
一般社団法人ソーシャルビジネス・ドリームパートナーズ専務理事

1964年生まれ。三重県出身。1987年勧角証券(現みずほ証券)に入社。個人・法人証券業務に従事。株主利益だけを評価する株式市場に疑問を抱き、社会的責任を果たす企業を評価するべきと主張。2002年よりワタミに入社し、ワタミ創業者渡邉美樹の執行役員社長室長として10年間秘書を務める。この間、IR・PR・CSR・ブランドの責任者と、全てのステークホルダーの窓口を担当した。
3.11では、陸前高田街づくり復興プロジェクト委員会副委員長として、被災地最大規模の復興市場の開催。瓦礫撤去ボランティアでは大型バスを70回チャーターし、3000名を動員、早期復興に努める。
渡邉美樹氏と一般社団法人みんなの夢をかなえる会を立ち上げ、みんなの夢AWARDの総合プロデューサーとして全般責任者に関わる。1年後に公益性が認められ、公益財団法人公益財団法人みんなの夢をかなえる会として幅広く展開。また、高校魅力化プロジェクトでみんなの夢AWARDファイナリストの藤岡慎二氏を主任講師に迎え、Social Management Collegeの事務方責任者として、ソーシャルビジネスや社会的事業などの育成に取り組む。ノーベル平和賞のムハマドユヌス氏をアドバイザーに、渡邉美樹氏と一般社団法人ソーシャルビジネスドリームパートーナーズを立ち上げ、ソーシャルビジネスの投資、経営参画にも関わる。高校魅力化プロジェクト、シングルマザーハウス運営、バングラディシュ水事業など3社に出資、経営参画している。今後、地方創生のソーシャルビジネスにも出資、経営参画する予定。
ソーシャル・ミッションは、「あなたの夢がみんなの夢に」。ソーシャルドリームを仕事に、起業にしている「ソーシャルドリーマー」の発掘、育成、発表、投資、経営の『伴走者』として活動する。

みんなの夢AWARD

地方自治体の皆さまへ

地方創生の成功は、地域起業家の「夢あるもの(ソーシャルドリーマー)」の発掘から。地方創生には、その地域をよりよい社会にしたいという「夢あるもの(ソーシャルドリーマー)」地域起業家が、その夢をカタチにする強い意志と実行力が必要です。まずは、ソーシャルドリーマーの発掘をしなければならない。そして何より、その夢はビジネスであるということだと思います。

これはソーシャルドリーマーの夢をビジネスの手法で実行する。学問のススメです。その地域をよりよい社会にしたいという夢をビジネスの手法で実行するカレッジです。しかし、事業は発想や思いつき、無謀な勇気ではなく、経営の原理原則「ミッション」「ビジョン」「戦略」 を明確に策定する事が大切です。これらは、学びであり、ソーシャルドリーマーの育成機関が必要です。お客さまにこの地域にいらして頂く為には、マネジメント、マーケティング、サービスを学ぶ事が必要です。

夢をカタチにするには、地元の方々の理解、応援、そして地域のみんなが一体となる場が必要であります。夢は語るから実現します。それは、その夢、ビジネスプランに地元の方々から共感、賛同、協力を得て、初めて地方創生での事業が成功するのです。

夢をカタチに、ソーシャルビジネスを起業
地方創生は、公民一体となった、みんなの事業である。まさにソーシャルビジネスです。これらの起業、事業までを、私たちは、総合プロデュースしていきます。

地方創生が成功するための手法は、公民一体となったソーシャルビジネスです。現在、多くの自治体では、人口減少、少子化、高齢化の進展、自治体の財政状況の緊迫化など将来リスクが高まりつつあります。一方2020年には、4000万人の外国人観光客が訪れ、地方創生や地域観光振興など地方にとって最大のチャンスが訪れようとしています。これら「リスク」を「チャンス」に変え「地方創生」事業を成功させるには、行政が持つ従来の経験やノウハウに加え、民間企業が持つ「知恵とノウハウ」を効果的に活用しながら、「公民」連携による『明和町?自治体?のグランドデザイン』を描き、具体的な事業へ落とし込む「経営戦略」が必要ではないでしょうか。観光客を地方に呼び込むには、歴史的文化や景観、食材等のブランド構築とマーケティング手法が必要と考えます。そして何より重要なのは、地方創生は、地産地消だけでなく商売も含めた6次産業モデル「地産地商」として「商売」を中心とした事業展開が必要と考えます。「稼ぐ力」を身に着け商売の成功により、はじめて地域は活性化するのではないでしょうか。事業の成功には、原理原則に基づいた「ミッション」「ビジョン」「戦略」の学び、そして実行が不可欠です。

地方創生ソーシャルビジネスプロジェクトとして、

「当地方地域で、起業や新規事業(新商品開発)で夢をカタチにしたい方々の発掘、育成、発表、起業支援をトータルサポート」します。

発掘:各地域で起業を目指す、また既存事業者で、その地域の夢となる新規事業や新商品開発を目指す方たちの発掘をします。

育成:ソーシャルマネジメントカレッジ in 自治体

夢を具体的に起業や新規事業等としてビジネスが成功する為の育成プログラム。受講者の中から、書類選考や面接選考をもとにファイナリストを選出、「みんなの夢AWARD in 自治体」に出場頂きます。

発表:みんなの夢AWARD in 自治体

発表者から、グランプリ(特別賞)を決定します。また各発表ごとに協賛企業(地元企業、市内で営業活動をしている上場企業など)が、応援したい夢を見つけ支援表明を行います。

支援:ソーシャルビジネスであれば出資・人的支援も検討、実施します。

プレゼンテーターの希望により、起業に向け、事業計画をブラッシュアップし、金融機関からの融資実現に向けても支援していきます。

渡邉美樹実践経営塾

日 時

第1回 8月6日(月)「経営理念~ミッション、ビジョン」の学び
第2回 9月4日(火)「戦略~マーケティング」の学び
第3回 10月22日(月)「中期計画」「事業計画」策定
第4回 11月12日(月)「各受講生による事業計画発表」事業承継
※各回 第1部 勉強会14:00~17:00、第2部 懇親会17:30~19:30
※第3回(10月22日)のみ、第1部 勉強会15:00~18:00、第2部 懇親会18:00~20:00
※各受講者から中期経営計画を発表頂きます。 なお受講者の中期経営計画、事業計画は、事務局よりフォローさせて頂きます。

会 場

TEAM yoko-so 税理士法人横浜総合事務所 セミナールーム
住所:神奈川県横浜市中区山下町209 帝蚕関内ビル10F)
TEL :045-641-2505(代表)
※会場は変更になる可能性があります。

参 加 費

実践経営塾:1名様(全4回)216,000円(税込)
※参加費には、懇親会費を含みます。

「将軍の日」オプションセミナー 54,000円(税込)
上記期間中、各社個別に中期経営計画書策定コンサル開催(1日/10時~19時)。
戦国時代の将軍が戦場から離れた陣営で、戦略を立てたように、経営者が自社を取り巻く経営環境を見つめ直し、
今後の戦略を考える1日集中型の中期経営計画立案セミナー

人 数

限定30名様(4日程全てにご参加頂ける方)
申込締切:7月31日
(※締切日前でも定員になり次第締め切らせていただく場合がございます。)

概 要

渡邉美樹実践経営塾

カリスマ経営者の「その時の決断」を伝えます。

事業成功の秘訣 「ミッション」「ビジョン」「戦略」を学び、御社の事業計画・中期経営計画を一緒に策定します。

お申込みは、
FAXの場合→申込用紙(コチラ)をダウンロードの上、必要事項をご記入いただき 045-641-2506 へFAXをお願いいたします。

mailの場合→「経営塾参加」とご明記の上、「お名前」「電話番号」を添えて、client_liason@yoko-so.co.jpへお申込みください。

内容概略

先行き不透明な日本経済において、日本では中小企業の割合が99.7%と大部分を占めています。中小企業が元気になることは、「雇用」と「納税」が増え、日本経済再生の一助となると確信しています。

この実践経営塾は、政治家として政策提言をしていく一方、企業経営34年の知識と経験を活かし、皆様に惜しみなく「経営」を伝授する絶好の機会となります。これまでに、渡邉自身が塾長として、広島・沖縄・福岡・横浜の経営者の皆様を対象に開催してまいりました。

事業成功の秘訣・「ミッション」・「ビジョン」・「戦略」を具体的な事象を例に、レクチャーしていきます。経営とは「魂の叫び」と渡邉は常々語ります。それは規模が小さくても大きくても一緒です。
確かな方向性を持つこと。
第一歩を踏み出すこと。
諦めないこと。
何によってありがとうを集めているのかを明確にすること。
経営にとって重要だと考えることを、包み隠さず伝えます。

講義内では、塾生による発表や意見交換、塾長によるフィードバックにより、相互の学びを促進します。講義後には懇親会を設け、塾長と塾生との「経営問答」を行い、実践的な課題解決策と生きた交流を創出します。

また、個別に中期経営計画書策定コンサルを開催します。(別途有料オプション)。戦国時代の将軍が戦場から離れた陣営で、戦略を立てたように、経営者が自社を取り巻く経営環境を見つめ直し、今後の戦略を考える1日集中型の中期経営計画立案セミナーです。